【ゆっくり解説】反対無視でビットコインを国の通貨にしたエルサルバドル、暴落して破綻寸前!?【再編集版】



リーキのゆっくり地理解説動画です。
エルサルバドルについて解説します。

再生回数:1658304006
高評価数: 3450 低評価数:
検索キーワード:ビットコイン

投稿日時:2022-07-20 08:00:06

ビデオID:6hNPRSZoim4

投稿チャンネルID:UCDATKGbXSD0XYUkYnpeX57Q

ソース元動画はコチラ

46 comments

  • えいりっと 2か月 ago

    正直バカにしてたけど、口座とか大事な事考えてたんだなぁ……

    Reply
  • nagatsukieshima 2か月 ago

    タイトルだけだとこの大統領、新し物好きなだけのとんでもない愚か者かと思いましたが、実際に動画を見て評価が変わりました。
    国民の貧困からの脱却のために、導入実績の少ない仮想通貨に望みを託した若き大統領にエールを送りたくなってしまいました。

    Reply
  • taro google 2か月 ago

    エルサルバドルは貧困でもスマートホンが買えるほど豊かな国なのですね。

    Reply
  • あべのきよ 2か月 ago

    これっていわゆる「トンデモ政策」みたいに扱われることが多いけれど、こうやって聞くと単なる思い付きとかではなく、そうするだけの背景と理由があったんだなあと思いましたね。勝算があるかはともかくとして。

    Reply
  • こい はるよ 2か月 ago

    エルサルバドルの歴史もビットコインも、コンパクトに纏まってて、とても分かり易かったです。
    ファンです。動画いつも楽しみにしています。

    Reply
  • らりるれろびん 2か月 ago

    話が長い、前置きが長い、要約してくれ。

    Reply
  • 山田中田尊 2か月 ago

    ドルを準備できない国にとっては代替通貨となりうると予想します。
    関税等解決しないといけない問題も多いと思いますがドルやほかの
    基軸通貨のようにその国の機関によって無限に発行できるのは既得権益だとねたまれてもおかしくありません。
    民主主義、社会主義の経済圏が2分になるのが落としどころで、そのなかでも自由に取引できる魅力もありますがすべては
    世界情勢次第ですね。

    Reply
  • 岩居珪 2か月 ago

    大変だなあ……

    「マイニングできる残額はどんどん減っていくので、希少性じたいはどんどん上がっていく一方だ」、という意味では安定して価値が上がり、経済成長をもたらす可能性のある資産なわけだから、

    目をつけたこと自体はセンスがない訳ではないよな。

    ただ、日本のバブルの土地神話もそうだけど、前提に需要が減る事態を勘案していないのだよね。

    結局のところ、中国が経済成長で、お金をお金のまま貯めていくことが、「インフレ」によって(価値漸減するから)大変不利な状況で、

    借金してでも投機・投資してお金を増やす方が貯金や節約より有利っていう環境になっていたから、

    投資資金があちこちの国の株や資源や収穫物の先物取引に流れ込んで価格上昇→経済成長→インフレ→投資の動機に→投資商品の価格上昇→…とループしていたからビットコインも需要が増えて価格が上がっていたわけで……。

    (もちろん、他の経済成長でインフレ続いていた先進国などからの資金流入もそう。

    ただ、中国の地方銀行などは自己資本比率の低さを指摘されたり、闇銀行の存在が噂されていたりした。)

    でも、資金が滞って「返済に回さねばっ!」って人が同じタイミングでたくさん出れば、需要は減って一気に暴落するわけで……

    まして、発行額の大半が一部の人間に寡占されてる場合の多い仮想通貨では、流通している≒レート形成の元になる自由な両替が行われているコイン数が、全体から観ると少なくて、ちょっと取り引きが加熱しただけでコイン不足で値段が吊り上がるわけで。

    逆を言えば、欲しい人がちょっと減ったり、早期マイニングでコインを寡占していた人がちょっと利益確定に手放そうとしただけで極端に値上がりしている最中でないと暴落するわけで……

    中国が暗号通貨規制したのも、国内資産がそういったところに投資として流れて、初期保有者の安全な離脱に利用され、自国民には「売れないコインと借金」だけが残り、自国の実態経済・現物経済を成長する原動力になるはずだった資金が国内から無くなる事態を少なからず恐れていたという要素はあるだろうし。

    まして作者不明なら中国はNSAの存在を疑うだろうし。

    でもこれ、エルサルバドルや中国の個人だけの問題じゃなくて、もし機関投資家が値上がり幅を見て運用資産を投じていれば、ここまで長期の下落継続は(米中摩擦と広州恒大の影響っぽいが、)ビットコインでなかなか無かったことなので、ヤバイ損益計上してだすところがあってもおかしくない。

    リーマンのときのことを流石にみんな覚えているだろうから、他人からの資産を「期待だけで構成された現物保証のない価値」に投じているとは考えたくないが……。

    エルサルバドルも、金融包括と通貨自立だけを目的とするなら、本当は自国オリジナルの通貨で、自分等以外マイニングできない形でこの政策をやりたかったんだろうが、

    残念ながらビットコイン以上に信用が無く、自国保証だけではすぐドルに変えられて全くまともな価値で流通しないのが見え透いていたから出来なかったんだろうねぇ…

    コインもって話持ちかけてきたビットコイン長者とかもいたりしたんだっけか…

    送金問題については換金性の高い非マイナー通貨を選ぶ必要があったろうし。

    現物とのリンクがはじめからしっかりしてない通貨のコントロールや導入は、やっぱめちゃくちゃ大変だな…。

    Reply
  • ブラザーヒロ 2か月 ago

    【お金の本質】を理解していれば、ビットコインを法定通貨する事が、【自国の経済成長を捨てる】と言っているようなものです。

    Reply
  • yasshin88 2か月 ago

    この大統領、ビットコイン導入と同時期に、憲法から「大統領の再選禁止」の条文をシレッと削除してると聞いて震えた。

    えっぐい独裁フラグじゃないですかーやだー

    Reply
  • 20190207 user 2か月 ago

    北朝鮮と関わりが深いアフリカ諸国について、是非、動画でやって下さい。
    先日、安倍元首相が暗殺されましたが、下関市東大和町の安倍晋三事務所の近くで、トーゴ共和国船籍の中国船をよく見ました。
    調べてみると、位置情報電波を出していないとか不自然な点が見受けられます、調べたところ、どうやら、北朝鮮のあさりを中国産として運んでいるらしいのです。
    そんな怪しい船が、下関の安倍事務所から徒歩最短の港に何度も来るって、おかしいでしょ?
    安倍元首相が北朝鮮と裏で話し合っていた、だから、そんな怪しい船が下関に何度も来たとしか思えません。
    そこから考えると、安倍元首相の暗殺が単独犯だなんて、とても思えません。必ず黒幕がいるはずだと思っています。
    見るからにオンボロの中古船なので、途上国でないと車検通らないとか、税金対策とか色々な大人の事情があるとは思いますが、そういう所から調べて、安倍元首相の真犯人の犯人像に迫りたいと思います。

    Reply
  • 和也 福田 2か月 ago

    仮想通貨って投資の世界ではハイリスク・ハイリターンの商品だから人気があるけど初心者には
    何か得体の知れ無い物には手を出しづらいのにビットコインを国の法定通貨に定めてしまうとは
    ギャンブラーが宰相になって、とんでもない愚策を採用するとは無知としか言えんな。これでは
    エルサルバドルがデフォルト起こす可能性が大きい!と言うか当たり前に思える。仮想通貨は
    スマホやカードキャッシング決済してる特亜3か国が3か国共通の仮想通貨を開発し物々交換経済
    感覚で経済活動しろよ。2度と他国の財布の中をハッキングして窃盗するんじゃねぇ~ぞ。

    Reply
  • 堤浩司 2か月 ago

    多分、中国が『アミバ』の様な偽りの救世主として現れ、あと数年もしたら、植民地に逆戻りだろうな。スリランカの様に、借金のカタに領土を乗っ取る形で。中国にしてみれば、ここに、ミサイル基地でも作れば、アメリカの喉元にナイフを突き付ける事ができる。

    Reply
  • I Y I 2か月 ago

    結局、暗号通貨は 砂上の楼閣 でしたな・・・w

    Reply
  • gochez 2か月 ago

    国単位でギャンブルするって凄まじいね

    Reply
  • 。まーちゃん 2か月 ago

    裏付けのある暗号資産は、出てくるか?
    企業(フェイスブック)が裏付けする
    例えば、金(ゴールド)のレートと同じにして、発行する
    現物の金(ゴールド)を持つのでは無く
    あくまでも、企業の信用で発行する

    Reply
  • 前田利家 2か月 ago

    今年は買わないほうがいい底がまだ見えてない。ここから半分になるくらい普通にある。

    Reply
  • daisaku00 2か月 ago

    現状ではビットコインが通貨として人気があるのではない。単に一般通貨との相場により値上がりバブルで注目されているだけ
    つまりオランダのチューリップバブルと同じなんだよ

    時代を先行する、と言う言葉のお調子者。仮想通貨信者は自分が賢いと盲信してる。k国人に似てる

    Reply
  • UnreaL 3E 2か月 ago

    働いたお金か、投資信託で得たお金か、って感じだな。
    俺は「額に汗して得たお金以外は信用するな」を推す。
    最後はそれが一番強い。為替で全てを失っても、何があっても生き残れる。
    と、思っている。

    Reply
  • Masaki 2か月 ago

    超不安定なビットコインを国家通貨にするなんて何を考えてるんだと最初は思ったけど、
    解説見たら思った以上に切れ者な大統領なんだな。
    銀行に行くのも口座持つのも超大変って視点は全く無かったわ。
    先進国で当たり前にあるものが無いから後進国なんだな。
    前途は超多難だろうけど上手くいくといいな。

    Reply
  • Kumber 2か月 ago

    イーロンマスクは、ビットコインといい、ツイッターといい結構気分で決めてる気がするんだけど実際どうなの?

    Reply
  • シンギョク 2か月 ago

    なるほど、仮想通貨自体に悪印象持ってたけどエルサルバドルの状況含めて、面白いというか、いろいろ活用法あるんだなと感じた。

    Reply
  • kazu nakamura 2か月 ago

    誰にも通貨発行権がない通貨を国の通貨にしたら、どうやって金融政策するんだよ
    国がバカだと国民は苦労する。

    Reply
  • dizzy 2か月 ago

    フットワークが軽くていいね
    選挙で決まったなら国民の支持もそれなりにあるだろうしいいんじゃない
    社会実験としても興味深い政策だから頑張ってほしい

    Reply
  • togo togo 2か月 ago

    エルサルバドルの歴史上、サッカー戦争は必ず語られますね。サッカーに関してはワールドカップでも最多失点記録保持国であり、負のイメージの方が強い気がします。

    Reply
  • 風雷の子 2か月 ago

    ホントアホ、自国通貨を発行できないビットコインにするって・・・なにそれ?エルサルバトルの通貨をビットコインにして使用するって事? なんか意味が分からんが?そうなんだろ?
     じゃあ、交換しまくった後は?どうなるかぐらいわかるよな?全部交換した時点で、そこから先は、自国通貨の価値がどんどん無くなっていくんだが?

     どうやって、通貨を発行するんだ? もしかして、ビットコインを税金として徴収するって事? 意味わからん。 値段が変わりまくるビットコイン・・・ん?わからんのだが?

     ビットコインを基準に、税金を取るんだよな? 仮に1ビットコインの値段が上がったり下がったりするけど、その価値に関わらず、税金として取るって事?

     ややこしいんだけど? でも、それを入手する時、ビットコインが高かったら、税金を払う側が損するし・・・安かったら安かったで、多く働かないといけなくなる・・・訳わからんw

     ん??? ビットコインにしてメリットあんの? 誰か説明して欲しいわ。 この国に外国からの投資は来ないだろうな。そして国内の企業も逃げ出す・・・わからんw

     何でビットコインを通貨にしたの? 高くなったらなったで、税金払う側が大変になるだけなんだが。 それとも、国がビットコインが高くなったら税金やすくして、正しい価値の税金を払ってもらうって事なのか? でも・・・変動しまくるんだが?いつどこで誰がその定額を決めるの?  

     まあ、訳わからんけど、こんなことすればその国は破滅するよ。それにビジネスマンはこの国に近づきたくないはず。 理由はそれで終わるって話。

    Reply
  • 山田一夫 2か月 ago

    絶対にないと言えないのが太陽風の影響での全てのコンピューターの停止だな。
    データーが動かない時間が存在したときどうなるかな対策済とか言ってるようだが。

    Reply
  • 遠藤隆嗣 2か月 ago

    中共がビットコインのマイニングから法規制で撤退したから上がる事は難しいかも。
    PCの自作派にとってはグラボ価格の暴落で美味しい状態なんだけどね。

    Reply
  • みょん 2か月 ago

    覚えきれない程の仮想通貨があるならもう1つぐらい国家通貨として仮想通貨を創るのはダメだったのか?
    マイニングに頼る通貨発行権とかどう見ても不安だし、価格の乱高下もある程度抑えられるだろ

    Reply
  • ももすけ 2か月 ago

    ビットコインの時価総額が上がってきて貨幣として安定に運用ができるのは10年以上先のことだろう。
    もしかしたらドバイのような金融国になる可能性もあるし未来はわからんね。

    Reply
  • max devil 2か月 ago

    どのみちハイパーインフレだから普通の通貨にしても何年かに一度デフォする国だからビットコインの方がいいと思います。
    ただし価値が1-5倍変わるのでいい時はウハウハだけど、きついときは前と同じ、けど前みたいに0にはならない。

    Reply
  • 30歳ニートマン 2か月 ago

    エルサルバドル!エルサルバドル!エルサルバドル!

    Reply
  • なしおなしお 2か月 ago

    自国通貨弱い国はビットコインじゃなくても同じようなこと起きるから…

    Reply
  • 小山幸春 2か月 ago

    ビットコイン、を作った人それに乗った人,もうかった、?株も似ている。飛行機も着陸する、安定は飛行場、

    Reply
  • Satoru 2か月 ago

    卵は一つの籠に盛るな、という証券用語があるとおり、ビットコインに全振りして卵を全部割れちゃったということですね…

    Reply
  • みかげゆずき 2か月 ago

    ナカモトサトシ=金子勇が死んでしまったからな

    Reply
  • Deep Color 2か月 ago

    貧困層「スマホが持てないんだが」

    Reply
  • isimuraable 2か月 ago

    労働価値説からすれば、命がけの労働が一番価値があって、その究極の労働は戦争で、それを行う国家が発行する通過が仮想通過に代わることは考えにくい。ただ国家は滅びることもあるので、軍隊の次に過酷な労働である鉱山労働によって得られた金、銀、プラチナ、ダイヤモンドなどが次に価値を持つのだろう。この動画でもマイニングが大量の電力を使うと言っていて、電力の発生させるための資源、燃料は国家の管理にあるところが多いから、中国に見られるように仮想通貨は不利な立場におかれるのだろう。ネットを扱う少数者の頭脳労働者は、まだ多数の肉体労働者に対して、政治的には優位にたっているとは言えないようである。

    Reply
  • かおる 2か月 ago

    仮想通貨に目をつけるのはいいけどどうしてBTCなのか…
    しかもこの間導入されたtaprootによって匿名性が向上したしLN(ライトニング・ネットワーク)は送金が失敗する確率も高い。銘柄選びはもう少し慎重になるべきだったね

    Reply
  • カナ会すーせく 2か月 ago

    元々裕福な国でもないので失うモノがないんですよ、ちょっとでも貧困から脱出するチャンスがあれば賭けてみる価値はあったと思います。

    Reply
  • 噛み噛み 2か月 ago

    一応、まだ移行が始まったばかりです問題ないと言っていたが、まだ下がり続けてた時期に、チャンスだから買い足すとか言ってたのが心配だ
    今は少し持ち直してるから、このタイミングで踏み切るならまだしも

    Reply
  • DnPBancho 2か月 ago

    ビットコインは存在自体がバブルみたいなもんだからなあ。

    Reply
  • M.S.Lab. 2か月 ago

    ジンバブエドルみたいなインフレ例を考えると仮想通貨は正解だと思う。
    ついでに言うと政府はビットコインのマイニングで資金を造り、USDCのようなステーブルコインに変換して通貨にすると安定すると思う。

    Reply
  • レバナス炒め 2か月 ago

    勉強になりました!
    苦難の道ですが面白いですね
    エルサルバドル応援したいです

    Reply
  • マッドマックス 2か月 ago

    前までが無駄に高かっただけとは思うけどそのおかげでGPUが適正価格に下がったのは有難い

    Reply
  • 庭師 2か月 ago

    仮想通貨はマイニングコストがマイニングによる収益を下回ることが前提のシステム
    仮想通貨の単価価格の上昇が止まり、マイニングコストが上がって、
    逆転現象が起きてマイニング業者が減り続けると崩壊が始まる
    問題はいつそれが起こるか

    Reply

Add your comment

Your email address will not be published.